更年期障害をしっかりと治療|ホットフラッシュをクールダウン

医者

更年期は誰にでもある

women

ホルモン低下で不調に

更年期障害と聞くとある年齢以降の女性特有のものと思われがちですが、実は男性にも起こります。そもそも更年期とは性成熟期から生殖不応期へ移り変わる45歳から55歳ぐらいの時期を指します。この時期にホルモンの変化により起こる様々な不調を更年期障害といいます。女性は女性ホルモンであるエストロゲンの減少、男性は男性ホルモンであるテストステロンが減少することにより起こるとされています。更年期障害の主な症状は、女性ではホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりやのぼせ、発汗、めまいや動機、情緒不安定など、男性は性欲低下、勃起障害、抑うつ感、睡眠障害などがあげられます。その症状や程度は人それぞれです。不調をあまり感じずに更年期を過ごす人もいますし、日常生活に支障をきたすほどひどい症状の人もいます。

様々な原因が複雑に関連

更年期障害は病院を受診し血液ホルモン検査などをすることで診断できます。自律神経失調症状にはホルモン補充療法が有効とされ、用いられることがありますが、これは乳がんの発生を高めるという報告があります。その他漢方薬や更年期障害に効くとされるサプリメントも市販されています。自律神経失調症状と精神症状は複雑に関連しあっており、また本人の性格や生活習慣、周囲の環境などが症状に大きく関係してきます。ホルモン療法や薬物療法と併せて、日常生活の見直しと改善が必要になります。更年期障害の症状と似た様々な病気があります。自分で安易に判断して医療機関を受診しないでいると重大な病気の発見を遅らせてしまう可能性もありますので不調を感じたときはまず病院へ行くことが大切です。

心理的アプローチが鍵です

女性

摂食障害の治療において、いかに支援者が患者に親身に接することができるかが鍵となります。現に、そういったことに気を配っている医療機関は人気があります。また、ダイエットブームなどは「自分は太っている」といった摂食障害に繋がる強迫観念を導きかねません。そのため、心理療法も臨床治療の中で行われつつあります。

Read More...

辛い更年期を乗り切る

women

更年期障害の対策はホルモン療法や漢方薬療法などがあります。周囲の理解を得て、自分の体や症状に合った方法がどれか、医師と相談することが大切です。きちんと治療に取り組むことで、つらい症状が緩和するでしょう。

Read More...

更年期の訴え

困る

更年期障害の訴えとして多いのは、頭痛・ほてり・のぼせ・発汗・動悸・めまいやふらつきなどの血管の働きに関わる症状です。睡眠障害・気分の不安定や記憶障害がおこったり、萎縮性膀胱炎・萎縮性膣炎・骨粗しょう症・冠動脈疾患やうつ病が合併することもあります。

Read More...